直接支援・自助グループ活動

直接支援

犯罪の被害に遭われた方や、その家族の方は、その直後から、生活上の問題、経済上の問題、法律上の問題など、多くの困難を抱える場合があります。犯罪の被害に遭うことは、多くの人にとっては初めての出来事であり、これらの様々な問題に対応していくことは心細く、不安なものです。

当センターでは、被害に遭われた方々のこのような問題に対して、被害者の方に直接お会いしての支援を行っています。

ご自宅へ
被害直後、自宅に伺い、家事などのお手伝いや、必要に応じた支援を行います。
病院へ
病院へ治療・検査に行く際、支援員が付き添います。
警察署へ
警察署へ事件の届出、事情聴取に行く際、支援員が付き添います。
検察庁へ
検察庁へ事情聴取や打ち合せ等に行く際、支援員が付き添います。
裁判所へ
裁判所へ傍聴に行く際、支援員が付き添います。
公務所へ
市役所等公務所へ各種手続きに行く際、支援員が付き添います。

自助グループ活動

犯罪被害で家族を失った被害当事者の方たちの集まりです。事件、事故などで、被害者、遺族の方が受ける衝撃は大きく、その回復には、長い年月がかかるうえ、周囲の人たちがその回復を支えるには限界があります。

自助グループでの仲間の存在は、被害者の方の孤立感や疎外感を軽減し、被害からの回復に大きな力になると言われています。

  • 当事者の方たちが自ら立ち上げるグループであり、「大切な人を失ったもの同士」だからわかりあえる場、これまで声をあげることのできなかった様々な思いを、遠慮なく語ることのできる場となります。
  • 胸に抱える悲しみ・苦しみ・怒りなど、被害者として当たり前の感情をお互いに語り合うことで、本来人間が持っている回復していく力を取り戻していくための一歩となっていきます。
  • 体験を語り合う中で、情報交換をしたり、一緒に考えていくことができる問題を見つけたりし、新しい自分なりの生き方を見つけていく場となります。
  • グループに参加して知りえた個人情報は守秘とし、プライバシーは守られます。

当センターでは、被害者遺族の自助グループの活動を支援しています。現在、交通事故被害者ご遺族の自助グループ「ふれあい」を毎月開催しています。同じような被害を受けた人の話を聞きたい、話をしたいという思いをお持ちの方は、センターまでお問い合わせください。
チラシ「ふれあい」

公益社団法人
ぎふ犯罪被害者支援センター

〒500-8384
岐阜県岐阜市薮田南5-14-12
シンクタンク庁舎
電話:058-275-3933
FAX:058-213-3933


ページのトップへ戻る