被害者が受ける様々な被害

犯罪等の被害に遭うということは、今まで当然あり続けると思っていたかけがえのない大切なものが、他人の不法な行為によって、突然奪い去られてしまうことです。多くの被害者にとって、人生が一変することを意味します。

被害に遭われた方やそのご家族の方は、凶悪犯罪や性犯罪・交通事故などの犯罪行為による直接的な被害(一次的被害)だけでなく、被害後に生じる様々なできごと(精神的・身体的・経済的)に苦しめられています。これを、二次的被害といいます。

事件に遭ったことによる精神的ショックや身体の不調

心理的反応
  • 恐怖感
  • 自責感
  • 不安感
  • 無気力・絶望感
  • 孤独感・疎外感
  • 怒り・復讐心
身体的反応
  • 緊張・動悸・下痢・吐き気
  • 不眠・悪夢
  • 食欲不振
感覚的反応
  • 感覚・感情がマヒする
  • 現実だという感覚がない
  • 自分が自分でないと感じる
  • 記憶力・判断力の低下

これらは、異常なことではなく、突然大きなショックを受けた後では、誰にでも起こり得ることなのです。

公益社団法人
ぎふ犯罪被害者支援センター

〒500-8384
岐阜県岐阜市薮田南5-14-12
シンクタンク庁舎
電話:058-275-3933
FAX:058-213-3933


ページのトップへ戻る