被害者が受ける様々な被害

犯罪等の被害に遭うということは、今まで当然あり続けると思っていたかけがえのない大切なものが、他人の不法な行為によって、突然奪い去られてしまうことです。多くの被害者にとって、人生が一変することを意味します。

被害に遭われた方やそのご家族の方は、凶悪犯罪や性犯罪・交通事故などの犯罪行為による直接的な被害(一次的被害)だけでなく、被害後に生じる様々なできごと(精神的・身体的・経済的)に苦しめられています。これを、二次的被害といいます。

事件に遭ったことによる精神的ショックや身体の不調

心理的反応
  • 恐怖感
  • 自責感
  • 不安感
  • 無気力・絶望感
  • 孤独感・疎外感
  • 怒り・復讐心
身体的反応
  • 緊張・動悸・下痢・吐き気
  • 不眠・悪夢
  • 食欲不振
感覚的反応
  • 感覚・感情がマヒする
  • 現実だという感覚がない
  • 自分が自分でないと感じる
  • 記憶力・判断力の低下

これらは、異常なことではなく、突然大きなショックを受けた後では、誰にでも起こり得ることなのです。

犯罪被害者、遺族の手記集の発行

 当センターでは、犯罪被害者、遺族の手記、「あの日に戻れたら」と題して、手記を発行いたしました。(平成29年9月発行)
 被害者、ご遺族は、「叶うことなら事件前の普通の生活に戻ることを願っている」との思いであり、「あの日に戻れたら」という切実な思いを込めています。
 大切な方を喪って間もない方から、その後、10数年を過ごされた方まで貴重な手記をお寄せいただきました。
 犯罪被害者のための様々な法律や制度が整いましたが、犯罪被害者の置かれた実情や犯罪被害者支援についての理解と協力は十分とは、言えないのが現状であります。
 この手記をお読みいただき、また、県民の皆さま方に犯罪被害者、遺族の声をお届けすることにより、一人ひとりが犯罪被害者の実情を理解し、社会全体で支えることで、支援の輪の広がりや繋がりができることを願っております。

希望される方には、無料で送付いたします。
事務局までお問合せください。

<問合せ先>
電話 058-275-3933
月から金 9:30から16:30
(祝日・年末年始を除く)

公益社団法人
ぎふ犯罪被害者支援センター

〒500-8384
岐阜県岐阜市薮田南5-14-12
シンクタンク庁舎
電話:058-275-3933
FAX:058-213-3933


ページのトップへ戻る